写真画像等をホームページ上に掲載するためには注意が必要です。

注意)ホームページを見にこられる方々はまだまだADSL等の高速回線を使われている方は多くありません。
    多くの方々は一般の電話回線を使ってホームページを見にこられます。
    そのため、最近の写真撮影や画像作成で使われているデジタルカメラやイメージスキャナーの高画質画像を
    そのまま、ホームページに掲載してしまうと相当な時間をかけて画面上に表示されることを待たなくては
    なりません。そのため、せっかくの写真を見ることなく次のページへ移動してしまうのです。
      そこで、画像を小さくして速く表示されるような工夫が必要なのです。その手順とソフトをご紹介いたします。

ソフト名(Catpunch:キャットパンチ) ダウンロードしてデスクトップに置いてお使い下さい。(850kb程あります)


【操作手順】

@ デスクトップ上のをクリックします。


Aファイルの開く選択します。




B画像ファイル名を指定して開くを選択します。(画像が保存されているフォルダーはデジカメやスキャナーについている
  説明書をご確認下さい)



C画像サイズを変更していきます。画面の100を基準に矢印で小さくしていきます。(直接サイズを指定してもOK)
 横サイズを200から640の間にしてDのファイル保存した後でファイルのサイズを確認して下さい。
 できれば30〜50kb以内に収まるようにしてください。




D画像を縮小しましたら名前を付けて保存します。できれば拡張子をjpgにして保存します。
 もし、元の画像を元のまま残したいのであれば別のファイル名で保存してください。
 縮小した画像は大きくすることはできますが画質が劣化しますので元の画像の上書きには注意して下さい。




E下記の画面は横サイズに応じて数字を小さくして下さい。通常640クラスだと40から50程ですが
 画質をきれい(ファイン)に撮影した場合にはさらに小さい数字になると思います。表示したいサイズの調整と
 画質下記の数字の調整、そして保存後のファイル容量KBを確認しながら見せるための手ごろな大きさで
 画質もそれなりに早く表示(KB)される画像にしてください。ここがポイントです。




F以上の手順で画像を小さくし、画像を保存したフォルダーとファイル名に注意してホームページへアップして下さい。